中古トラック・トレーラー・バスの個人間販売ならバスパートナーを中古マイクロバス、ワゴンの個人間販売ならバスパートナー

第1章 総則

(目的) この「○○○○利用規約」(以下、「本規約」といいます)は、「〇〇〇〇サービス」(以下、「本サービス」といいます)を利用する者と本サービス運営者(以下、「運営者」といいます)との間での規約を定めるものです。利用者は、本サービスを利用する場合、以下の本規約に同意し、遵守する義務を負います。

第1条(適用範囲)

  1. 本規約は、本サービスを利用する全ての利用者に適用されます。
  2. 利用者は、本サービスの利用申込みをした時点で、本規約及び本規約の一部を構成するサイト内掲載のルールや諸規定等に同意したものとみなします。

第2条(利用資格)

本サービスは、法人、または個人事業主で、本規約を遵守することを条件に、誰でも利用できるサービスです。

第3条(本サービスの内容)

  1. 本サービスは、利用者に対して中古トラックを中心とした中古車(以下、「中古車」という)の売買の機会を提供するサービスです。
  2. 利用者は、本サービスの仕組みと目的をよく理解した上で、本サービスを利用する義務を負います。

第4条(売買対象物)

本サービスは、中古車を専門に、売買の機会を提供するサービスです。中古車以外の商品は、取り扱うことができません。 ただし、運営者が承諾した場合は、この限りではありません。

2.出品について

第5条(出品)

  1. 中古車を出品した者(以下、「出品者」といいます)は、自身が権利を保持する中古車を、本サービスを利用し、出品することができます。
  2. 出品することは、本サービスのルールに基づき、中古車を売却する契約の申込及び承諾の意思表示となります。
  3. 出品した中古車に買い手が付き、売主と買主の間で売買の合意がなされると売買契約の成立となります。なお、売買契約の成立後、一方的な理由により契約の撤回をすることはできません。

第6条(出品者の義務)

出品者は、出品する中古車(以下、「出品車両」といいいます)について、自身が所有権を保持する車両のみ出品できるものとします。ただし、出品者が売買契約成立後、所有者との間で出品車両の所有権解除の手続きを確実に行うことができる見込みがある場合は、この限りではありません。

第7条(出品者の責任)

出品車両についての責任は、出品者がそのすべての責任を負い、クレーム、トラブル、損害が生じた場合の費用等の損害の賠償にあたるものとします。また、出品者は、出品にあたり、出品車両について、できるだけ詳しい情報、かつ正確な情報、及び取引条件を記載するものとします。

3.入札について

第8条(入札)

購入希望者は、出品商品に対して、購入希望を通知することで購入の意思表示をします。購入希望者は、自身の責任において入札するかしないかの判断を下すものとし、入札する出品車両に対して、十分に説明及び情報を確認した上で入札を行うものとします。

第9条(購入希望者の禁止行為

購入意思のない入札及び価格引上げなどを目的とした出品者自身の入札は禁止します。

4.売買契約

第10条(売買契約の成立)

  1. 出品者は、希望販売価格、支払条件、その他条件を指定し出品します。
  2. 購入希望者と協議の上、双方合意に達した場合、出品者と購入者との間で売買契約が成立し、双方は、成立した契約に従って取引を完了する義務があります。

第11条(取引の手続)

  1. 出品者は、売買契約成立後、運営者に対し、取引終了の通知メールを送信します。
  2. 出品車両の売買契約の締結時に、双方協議の上、商品車両の受渡し方法、料金の支払方法、その他必要事項ついて決定します。
  3. 出品車両の売買契約締結後、出品者及び落札者は、契約履行に向かう当事者として信義誠実の原則に従って行動するものとします。
  4. 運営者は、出品者及び購入者の出品車両の売買契約締結にあたり、必要な支援を行うことができるものとします。
  5. 取引方法についての協議は、出品者及び購入者が誠意をもって行い、どのような手段がふさわしいかについて会員間で合意のうえ取引を完了する義務を負います。

第12条(購入者の譲渡代金の支払方法)

  1. 購入者は、あらかじめ出品者との間で合意した支払方法(銀行振込、郵便振込、対面、その他)の中から、支払方法により、代金を出品者に支払うものとします。
  2. 購入者は、売買契約により指定された方法により支払期日までに、出品者に出品車両に関する代金の支払いを行うものとします。
  3. 購入者の支払いが遅延したことによる損害、契約の取り消し、その他一切のトラブルに対し、運営者は一切の責任を負わないものとします。

第13条(購入者の義務)

  1. 購入者は、出品者に対し、売買契約に基づく約定のとおり出品車両の代金を支払う義務が生じます。
  2. 購入したにも関わらず、代金の支払いをしないなどのトラブルが生じた場合、その解決は、出品者と購入者が行うものとします。なお、支払いをしなかったことに対する全責任は、出品者と購入者が負うものとし、運営者は一切責任を負わないものとします。

第14条(商品の引き渡し)

出品車両の引き渡し方法、条件は、出品者と購入者の間で売買契約締結時において定めた方法により実施します。

5.本サービスの利用料金

第15条(本サービスの利用料金)

  1. 出品者は、本サービスを利用し、出品車両の売買契約が成立した場合、または出品時にオプション設定を利用した場合、本サービスに対し、本サービスが定める利用料金(以下、「利用料金」といいます)を支払うものとします。
  2. 利用料金は、出品車両の売買契約が締結された日の利用料金を適用します。
  3. 利用料金は、本書別紙に料金表として掲載します。

第16条(利用料金の変更)

運営者が必要と判断した場合には、利用料金を変更する場合があります。その場合には、利用者に対し、本サービスのサイト上において事前に知らせするものとします。

第17条(利用料金の遅延)

利用料金の支払いが支払期日までに行われなかった場合、出品者は、以後、本サービスの利用を停止されます。なお、利用停止処分は、当該出品者の支払いを免除するものではありません。

第18条(利用料金の返金について)

  1. 売買契約成立後、出品者と購入者との間で取引の遂行がなされなかった等の事情があっても、利用料金は返金されません。
  2. 本規約、他の違反等により、利用停止処分を受けた場合においても、本サービスの利用料金は一切返金されません。

6.会員の義務及び禁止行為

第19条(利用者の義務)

  1. 出品者及び購入者(以下、総称して「利用者」といいます)は、出品車両の売買に対し、すべて自らの判断と責任において行うものとします。
  2. 運営者は、出品車両及び利用者について、選別、調査、管理することはありません。本サービスは、会員の行為が各自の自主性、自律性に委ねられている点で、一般社会における通常の取引と変わるところはなく、利用者は、そのことを承諾の上、本サービスを利用するものとします。
  3. 利用者は、本サービスは、コンピュータネットワークを利用したシステムで運用しているため、利用者が使用するパーソナルコンピュータ、利用しているインターネット回線等の不具合などの影響によって適切に利用できない場合があるということをあらかじめ理解するものとします。
  4. 運営者は、本サービスにより成立した売買の取消、解除、解約、または返品、返金、保証など取引の遂行にはいっさい関与しません。本サービスを利用した利用者は、契約の成立、商品の引渡し、代金の支払い、代金の回収に関してすべての責任を負うものとします。トラブルが起こった場合も運営者が解決にあたることはありません。

第20条(禁止行為)

本サービスは、利用者に対し、以下の内容に該当する行為を禁止します。

1)本サービスを妨害すること
(2)他人に権利がある車両を出品すること
(3)出品車両に関して虚偽の説明を表示すること
(4)売買契約の成立後に出品を撤回すること
(5)出品車両と関係のない書き込みをすること
(6)本サービスの申し込みにおいて虚偽の情報を提供すること
(7)他者になりすまして本サービスを利用すること
(8)利用者が共謀して、本サービス外で出品車両に関して売買契約を締結すること
(9)本サービスの設備に過大な負荷を与えるような方法で本サービスを利用すること
(10)本サービスにより利用しうる情報を改ざんまたは消去する行為
(11)ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信または掲載する行為
(12)サーバー、インターネット接続サービスの利用もしくは運営に支障を与える行為、 またはその恐れのある行為 (13)他人の肖像権、プライバシーを侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
(14)他の会員に迷惑のかかる行為
(15)詐欺等の犯罪に結びつく、または結びつく恐れのある行為
(16)本サービスの運営に支障を与える行為
(17)故意、過失を問わず法令に違反する行為
(18)適法、違法を問わず勧誘行為に利用すること
(19)法令、もしくは公序良俗に違反し、または他人に不利益を与える行為
(20)その他、サイト運営者が不適切と判断する行為

第21条(他の会員の情報の守秘義務)

利用者は、本サービスを利用する目的以外には、本サービスを利用している他の利用者の情報を使用しないものとします。また、本サービスの利用にあたり得た他の利用者の情報は、運営者以外の第三者に開示、漏洩してはならないものとします。

7.その他

第22条(利用権限の停止)

運営者は、利用者の行為が以下のいずれかに該当する場合、利用者の承諾なく本サービスの利用を停止することができるものとします。

(1)本規約に違反した場合
(2)本サービスの利用料金を期日までに支払わなかった場合
(3)他の利用者より一定数以上の苦情、クレームを受けた場合
(4)本サービスに対する妨害の行為があった場合
(5)本サービスを不正に利用した場合
(6)その他、運営者が不適切と判断した場合

第23条(運営者の削除権)

  1. 運営者は、取引前に出品車両の内容を調べることはありませんが、取引への拒絶、編集、移動、削除を独自に判断する権利を保有します。
  2. 本規約に定める事項及び本規約の趣旨に違反する行為が行われたと判断した場合、あるいは他の利用者の権利を侵害し、もしくは侵害しようとしていると判断した場合には、利用者に通知することなく直ちに、該当する取引を削除する権利を保有します。

第24条(本サービスの中断または停止)

運営者は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部、または一部を中断または停止することができるものとします。また、本サービスの中断または停止によって生じた会員の損害について、いかなる場合も一切の責任を負わないものとします。

(1)本サービスに係るコンピュータ・システムの点検・保守作業を定期的、又は緊急に行う場合
(2)本サービスが設置する電気通信設備の障害等やむを得ない事由があるとき
(3)地震、火災、停電、災害などの天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4)その他、運営者が中断、又は停止を必要と判断した場合

第25条(反社会的勢力との関係遮断)

利用者は、運営者に対して、以下の各号の事項を表明し、確約します。

(1)自らが、暴力団、暴力団構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者等、暴力・威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反社会的勢力(以下総称して「反社会的勢力」といいます)に該当せず、将来も反社会的勢力とならないこと。
(2)自らの役員(代表者、取締役又は実質的に経営を支配する者)が反社会的勢力に該当せず、将来も反社会的勢力とならないこと。
(3)本サービスの利用に関して自ら又は第三者を利用して、以下の行為をしないこと。
① 暴力的な要求行為。
② 法的な責任を超えた不当な要求行為。
③ 本サービスの利用に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為。
④ 虚偽の風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為。
⑤ その他前記に準ずる行為。

第26条(表明違反の措置)

  1. 運営者は、利用者が前条の確約事項のいずれかに反することが判明した場合には、利用者に対し、何らの催告を要せずして、直ちに本サービスの利用を中止とすることができます。
  2. 前項に基づく利用者の本サービスの利用中止に起因し、又は関連して利用者に損害等が生じた場合であっても、運営者は、何ら責任を負わないとともに、運営者に損害等が生じた場合、利用者に対する損害賠償請求を妨げないものとします。

第27条(免責事項)

  1. 運営者は、本規約で特に定める場合を除き、利用者が本サービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負わないものとします。ただし、利用者が本サービスの利用に関して、運営者の故意、又は重大な過失により損害を被った場合については、この限りではありません。
  2. 本サービスは、実際の取引には関与せず、商品の品質、安全性、又は適法性について、いっさい保証いたしません。
  3. 運営者は、本サービスが正常に作動することを保証していません。火災、停電、災害、不慮の事故、不可抗力によるコンピュータのシステムダウン等、予期せぬ事故により本サービスの提供の中断、停止、利用不能または変更、削除または消失、利用者の登録の取消、データの消失、または機器の故障もしくは損傷、その他、利用者被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
  4. 本サービスは、利用者との間の取引成約を保証するものではなく、利用者に必ず経済的利益をもたらすものではありません。

第28条(本規約の変更)

運営者が必要と判断した場合には、いつでも本規約を変更することができます。

第29条(準拠法及び裁判管轄)

本規約及び利用者と運営者との関係には、日本法が適用されます。また、本規約及び運営者と利用者との間の紛争については運営者の所在地を管轄する裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

第30条(権利放棄)

運営者が本規約に示される権利を行使、又は実施しない場合にも、当該権利を放棄するものではありません。また、本規約の一部が無効とされた場合も、本規約の他の規定は有効に存続します。